春のツアーや自然の紹介

みなかみ町の藤原地区は桜が咲くのが4月下旬かちょうどゴールデンウィークぐらいです。ツアー遊ぶ藤原エリアは新緑が5月中旬ぐらいから、感覚的には東京近郊あたりと比べると春が1ヶ月遅い感じです。
みなかみ町の藤原地区には立派なブナ林があり、見事なブナが育つ森の新緑は見事。一度は訪れていただきたい素晴らしい自然が残る場所です
代表的な場所は「奥利根水源の森」
山に生命感あふれるこの季節は毎年楽しみな時期です。

雪が多い年にはブナの新緑と残雪のコラボの景色が見られます

春のカヌー
残雪の山と新緑に囲まれた湖、ゴールデンウィークあたりでは藤原湖で桜を見ながらカヌーができます。新緑の見ごろは5月中旬あたりから6月中旬ぐらいまでがベスト。気温が上がってくると湖周辺ではハルゼミが大合唱です。

新緑のブナの森と残雪の山、絵になる景色です

ならまた湖、尾瀬の笠ヶ岳と新緑の景色

GWの頃の藤原湖、桜のお花見をしながら

洞元湖でトウゴクミツバツツジの花見

春のトレッキングツアー
残雪と新緑の谷川山麓の一の倉沢は5月中旬以降がお勧め、尾瀬はミズバショウの見ごろは5月末から6月初め、6月中旬を過ぎると尾瀬の湿原はしだいに花が増えて賑やかになってきます。ワタスゲは6月下旬ごろ。奥利根水源の森は道路の開通に合わせてツアーができるようになりますが、6月初めぐらいからです。

あまりにも有名な尾瀬、一度は訪れたい場所ですね

新緑の森を従えた一ノ倉沢

尾瀬のミズバショウ群落

尾瀬ヶ原のタテヤマリンドウ

まだまだ楽しい場所、美しい場所いっぱいあります。ぜひこちらにおでかけください

投稿日:

Copyright© 群馬水上(みなかみ)温泉のカヌー、トレッキング、スノーシュー、アウトドア体験のファンテイル , 2019 All Rights Reserved.